◎正当な理由による書き込みの削除について:      生島英之とみられる方へ:

勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「>>4」 ->画像>4枚


動画、画像抽出 || この掲示板へ 類似スレ 掲示板一覧 人気スレ 動画人気順

このスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/news4vip/1541155315/
ヒント:5chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:41:55.472ID:rdBCRO4Y0
長老「いや剣が喋るわけがなかろうて……」

勇者「いや確かに何か言ってるって。この声聞こえてないのか?」

長老「……まあ聞くだけ聞いてやろう。何と言っておる」

聖剣「>>4

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:42:34.360ID:JB66UCEY0
キルミーベイベー

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:42:43.784ID:v1Qtmjbka
kskst

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:42:45.872ID:QTy1fJ250
アバダケダブラ

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:42:46.820ID:LbDjhsdx0
ワシじゃよ

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:45:25.753ID:rdBCRO4Y0
勇者「アバダケダブラって言ってる」

長老「なんじゃそれは……古代の呪文か何かか……?」

勇者「俺に聞かれてもな」

長老「この剣が確かにそう言ったのじゃな?」

勇者「ああ」

長老「……少し文献を漁って調べてみる必要があるな」

勇者「さっきまで信じてなかったくせにわざわざ調べようとするとかどうしたんだよ」

長老「……」

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:46:25.356ID:rdBCRO4Y0
長老「まあお前が聞こえたと言うのなら……つまりそう言うことなんじゃろな」

勇者「なんだよ、さっきまで信じてなかったくせに」

長老「実はこの村でも限られた者にしか聞かされないとある言い伝えがある」


長老「この台座に刺さった剣ははるか昔、古の魔王を倒した勇者が使ったとされる聖剣じゃ」

勇者「何でそんな剣がこんな田舎の村に刺さってるんだよ」

長老「まあ聞け」

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:47:38.309ID:rdBCRO4Y0
長老「この剣はとてつもない斬れ味と頑丈さ、聖属性を備えたとんでもない名剣じゃが、その本質は別にあるという」

勇者「本質?」

長老「天界の女神の声を選ばれし者へと届けるという力じゃ。その声を聞けるのは聖剣に選ばれし真の勇者ただ一人という」

長老「古の勇者も、かつて魔王を葬る際にはこの聖剣の声……その勇者はアンカだかナンカだかとか言うとったな。その声に従い魔王を倒したとかなんとか」

勇者「なんか急にフワッとした話になってきたな」

長老「わしだって剣の声とか聞いたことないし」

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:48:33.125ID:47a0DZ8Xr
って安価取らないんかーいw

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:49:52.832ID:rdBCRO4Y0
長老「とにかくそんな言い伝えから、真の勇者を騙る偽物が現れないように「剣の声」の話は限られた者にしか伝えられていなかった」

長老「しかしその言い伝えを知らないお前さんが声を聞いたと言うのなら騙りということはあるまい……お前さんが真の勇者なのやもしれぬ」

勇者「そんな大層な声だけど、何言ってるかわからないぞ。アバダケダブラってなんだよ」

長老「……やっぱりちょっと怪しいかも」

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:50:36.106ID:rdBCRO4Y0
長老「いや、とにかく台座から剣を抜いてみろ。その剣が抜けたのならやっぱりお前さんが真の勇者じゃ」

勇者「えぇ……まあいいけど」


ズボッ


長老「ほら見ろ!! やっぱり抜けた!! やっぱりお前さんが勇者じゃん!!」

勇者「なんかその勝ち誇った顔すんのやめてくれないか」

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:51:52.422ID:SupmYyg0a
何このスレ

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:53:07.768ID:rdBCRO4Y0
長老「とにかく、聖剣に選ばれし者が現れたことを王宮に報告せねば」

勇者「そんなに一大事なのか?」

長老「最近魔物の動きが活発化しとるじゃろ。何か災いの前兆やもしれぬ。聖剣が勇者を選ぶことも何かの知らせと思う」

長老「今日はもう家に帰れ。これからわし忙しくなるから」

勇者「なんかよくわからないけどわかったぜ」

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:53:31.119ID:rdBCRO4Y0
長老「あ、聖剣は持っていくんじゃぞ。聖剣に選ばれし者は常に肌身離さず聖剣を持っておく必要があるからな」

長老「聖剣がいつ天の声を届けるかわからん。声が聞こえたならば必ずその声に従うように」

長老「よいか。安価は絶対。これだけは覚えておくんじゃぞ」

勇者「はいはい」

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:53:51.092ID:mjIjJGeEM
安価は?

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:53:53.189ID:Y2OxG0Uh0
ちょっと面白い

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:54:24.578ID:rdBCRO4Y0
帰り道

勇者「なんか胡散臭い話に巻き込まれちまったな」

勇者「こんな古臭い剣が聖剣ねぇ……」

聖剣「……」

勇者「……」


勇者「よし、一丁試してやろうか」

18以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:55:20.625ID:rdBCRO4Y0
勇者「聖剣よ。ここから俺の家に帰るまでに分かれ道がある」

勇者「右は遠回りで橋を渡っていく道」

勇者「左は教会とか畑とかがある道」

勇者「どっちから帰ればいいと思う?」

聖剣「>>21

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:55:44.674ID:Y2OxG0Uh0
ksk

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:55:44.773ID:grIy8oP3d
kskst

21以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:55:46.965ID:STPJIXPf0
お前に帰る場所などない

22以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:55:54.093ID:bttVP3sz0
後ろ

23以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:55:57.217ID:WKG/q7Sa0
直進

24以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:56:14.162ID:aqFZEp04d
可哀想

25以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:57:00.098ID:w0Vp1EHY0
宿無しになったか

26以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:57:23.615ID:ovhFYdUA0
勇者はホームレスみたいなもんだしな

27以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:57:58.389ID:dQOdnGtE0
いきなり重いわwwwww

28以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 19:58:58.089ID:rdBCRO4Y0
聖剣「お前に帰る道などない」


勇者「何言ってんだこいつ」

勇者「……え? 帰るなってこと?」

勇者「日も暮れてるし腹減ったしここ何もないし、嫌だよ。帰るわ」

勇者「長老は安価は絶対とか言ってたけどな。俺はまだお前を信用してないんだぜ?」

勇者「いいか。お前が俺を試してるんじゃなくて、今は俺がお前を試しているんだ」

勇者「お前の声が本当に信用できるかどうかは俺が決めるからな」

29以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:00:18.887ID:rdBCRO4Y0
勇者「じゃあそう言うわけだから」スタスタ

グチャッ

勇者「……ん?」


ニチャァ


勇者「犬のウンコ踏んだ……」

30以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:01:39.224ID:BPnCdGGT0
帰っちゃいけない理由地味過ぎるだろ

31以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:03:04.786ID:dQOdnGtE0
帰る場所無い=村が滅びた的な?

32以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:03:52.104ID:rdBCRO4Y0
翌朝

勇者「結局あの後は犬のウンコ踏んだ以外に特に何も起こらなかったな」

勇者「……別に、ウンコ踏んだのだってただの偶然だろうし。気にしてねえし」

勇者「今日はとりあえず村の広場にでも行ってみるかな」

33以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:04:55.588ID:A2KbmhIga
クソスレ

34以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:06:30.688ID:w0Vp1EHY0
中身の無い振り大杉内

35以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:06:35.987ID:rdBCRO4Y0
広場

ワイワイガヤガヤ

勇者「……なんか騒がしいな。何が起こった?」


勇者「おーい。どうしたんだよこの騒ぎは」

村人A「ゆ、勇者……!!」

村人B「あれを見るんだ」

勇者「ん? 領主の娘の美少女ちゃんとブサメンくんじゃん」

36以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:09:50.302ID:rdBCRO4Y0
勇者「……あれ? なんか二人、距離近くね?」

勇者「つーか、なんか、美少女ちゃん。顔赤くね」

村人A「あの二人、付き合い始めたらしいぜ」

勇者「……は?」

37以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:13:28.329ID:rdBCRO4Y0
勇者「ど、どういうことだよ。美少女ちゃんが? あのブサメンくんと!?」

村人A「俺らに聞かれても困る」

勇者「なあ二人とも、一体何があったんだ?」

ブサメン「あ、勇者くん」

美少女「実はね。昨日の夕方、わたし、あの分かれ道のある池の前で盗賊に誘拐されそうになったの」

勇者(俺が聖剣に問いかけた道のことか)

38以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:13:34.739ID:w2SpbLIia
俺達は起き上がり、うしろを振り向く。
ひしゃげた車が壁につっこんで、煙を上げている……。

……ふと気付くと、車と壁の間に、なにか変な形の固まりが、押し付けられたみたいにつぶれてる。
その変な固まりを中心に、壁にびっしゃりと、赤い液体が飛び散ってる。

まるで、大きな赤い花柄みたいに。

……耳につき刺さる高い音が、唯子の悲鳴だって気付くまで、ずいぶん時間がかかった。
唯子は、なんで叫んでるんだろ……?
俺は、ぼんやりと壁を見詰めていた。
変な固まりは壁でつぶれたトマトみたいに、微動だにしない。

あれがもし生き物なら、間違いなく死んでる。


……あれがもし、人間だとしたら、顔を壁に向けて、ちょうど背中の当たりで車に挟まれている形になる。

唯子はその変な固まりに駆けよって、車を必死にどかそうとしている。
……馬鹿だなぁ……。いくら唯子が力持ちでも、車は動かせないよ……。
ああ、唯子、だめだよ。手が汚れるからその変な固まりに触るなよ……。
車と壁の間から、唯子が変な固まりを引っ張り出そうとするたび、それはぶらぶらと力なく揺れる。

唯子の制服は真っ赤に染まってる。
……あーあ、後で洗うの、大変だぞ……。 小鳥に手伝ってもらわなきゃ……。

そう言えば小鳥は、どこに行ったんだろう?


小鳥は、ほら、もうすぐ車の下の方から、『いたーい……』なんて言いながら出てくるに決まってる……。
あはは、唯子、まわりの大人に叱られてる。
……あのオトナ達がいなくなったら、きっと、小鳥は車の下あたりから、『いたーい……』なんて、笑いながら出てくる。

そうに決まってる。


そうに決まってる。


絶対に。絶対に絶対に……。



気がついたら、俺も、変な固まりに駆け寄っていた。
鉄と、生肉の匂い。
ねえ、小鳥。

家に帰るから、そこから出て来てよ。

……うちに帰って、ごはん作って、ずっと、楽しく幸せに暮らすんだからさ。

3人でずっと仲良く。


ねえ。動いてよ、ねえ、小鳥……。


ねえ……………………。

39以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:14:12.374ID:rdBCRO4Y0
勇者「領主の娘だもんな……危ないよな」

美少女「それで、たまたまその場に居合わせたブサメンくんがわたしを助けてくれて……」ポッ

ブサメン「そんな、僕はただ……」

美少女「いいのよブサメンくん。あのとき、とってもかっこよかったわ」

ブサメン「美少女ちゃん……」

勇者「…………」

勇者「まさか……」

40以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:15:06.972ID:9fwJQStM0
なるほど

41以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:15:38.392ID:lkSLZsmG0
NTRさせまくる事が出来るわけか

42以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:17:37.473ID:rdBCRO4Y0
その夜

勇者「なあ聖剣。俺がもしお前の言う通り、あのとき帰らずにあの場に留まり続けていたのなら」

勇者「もしかして、ブサメンくんの代わりに俺が美少女ちゃんを助けて、その、いろいろと……?」

聖剣「……」

勇者「……」

聖剣「……」

勇者「…………うそだろ」

勇者「ぐあああああああああああああ!! 美少女ちゃん、密かに憧れていたのにいいいいいい!!」ゴロゴロゴロゴロ

43以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:20:16.354ID:rdBCRO4Y0
回想

長老『よいか。安価は絶対じゃぞ』



勇者「……ハッ!」

勇者「安価は……絶対……」

勇者「安価は絶対だったんだ」

勇者「そうすれば美少女ちゃんのときだってそうだし、あのとき犬のウンコも踏まなかったんだ」

勇者「安価は絶対……」

44以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:26:37.621ID:Vut1cpmFd
その安価は?

45以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:27:12.578ID:rdBCRO4Y0
翌日、長老の家

勇者「長老!」

長老「おお、どうした勇者よ」

勇者「長老……俺、俺……!」

長老「……いや、皆まで言うな。顔を見ればわかる。安価を守らず、何か痛い目にあったな?」

勇者「!」

長老「よい。過ちは誰にでもある。大事なのはそれを次にどう活かすかじゃ」

長老「して、どうやらハラは括ったみたいじゃの」

勇者「……」

長老「勇者よ。まずは王都へ向かうのじゃ。そして、選ばれし勇者として、その使命を果たしてくるのじゃ」

勇者「ああ。わかった。俺、行ってくるよ長老」

46以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:30:07.964ID:rdBCRO4Y0
勇者「ところで俺、まだ何すればいいのかわかってないんだけど、王都に行って何をすればいいんだ?」

長老「……ん?」

勇者「いや、俺に何か使命があるのはわかったけどさ。別に昔の魔王が復活したとか何か急な用事があるわけでもないし。王都に行って何をすればいいんだ?」

長老「……」

勇者「……」

長老「……ふむ」

長老「聖剣の声に従い、使命を果たすがよい。迷ったときは聖剣に頼るのじゃ」

勇者(長老もよくわかってなかったんだな)

47以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:34:06.860ID:rdBCRO4Y0
旅立ちの日

勇者「じゃあ俺、行ってくるよ」

長老「気をつけるんじゃぞ。わしは王都に手紙出しとくからの」

48以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:35:26.429ID:rdBCRO4Y0
勇者「旅立ちはいいけど、徒歩なんだよなあ」

勇者「田舎すぎて馬車とか通ってないし。貧乏な村だから馬すらねえし」

勇者「あ、そもそも馬買うお金もなかったわ」

勇者「……」テクテク

勇者「そうだ、困った時の聖剣頼りだ」

勇者「聖剣よ。俺は今から王都へ向かう。せっかくだし何か修行っぽいことしながら行きたいんだが、何か良い案はないか?」


聖剣「>>51

49以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:36:49.398ID:Kof/d8lud
愛を叫びながら走れ

50以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:36:55.442ID:Ct1bVb/z0
レッグランジ

51以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:36:59.123ID:q97vmVIc0
ラブライブ板にクソつまんねえ安価スレ立ててたやつに似てるな

52以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:39:37.936ID:e/Pc/YQKM
この剣異次元とつながってんなst

53以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:41:26.470ID:rdBCRO4Y0
聖剣「>>56

54以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:43:18.806ID:Y2OxG0Uh0
両手を広げて上下に動かしてみろ

55以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:43:42.067ID:YfjgM8ala
逆立ちで行け

56以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:44:48.071ID:Ct1bVb/z0
野盗や雑魚モンスターで実戦訓練

57以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:45:38.149ID:T8c0txK10
安価なしかよw

58以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:49:04.910ID:I1kpLYM90
おっも

59以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:49:59.847ID:rdBCRO4Y0
勇者「野盗やモンスターで実戦訓練しながら行け、か」

勇者「俺はまだお前を振るうのには未熟だってことかよ」

勇者「まあ確かにその通りだがな」

勇者「いいさ、やってやる。実戦訓練だ!」

60以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:50:35.996ID:rdBCRO4Y0
一時間後

勇者「この辺、モンスターとかいなくない?」

61以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:52:04.778ID:rdBCRO4Y0
勇者「まあ、ここ田舎だし。魔物が活発に動いてるのももうちょい栄えた街の周辺らしいし」

勇者「村の周りが平和なのはいいことだけどさ」

勇者「なんというか、拍子抜けだ」


勇者「……」テクテク


勇者「……」テクテク


勇者(……あれ、これこのままだと安価達成できなくないか?)

62以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:52:58.191ID:w0Vp1EHY0
再安価とか全然安価が絶対じゃないやん

63以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:55:04.764ID:rdBCRO4Y0
勇者「……」

勇者「……」

勇者「……」チラッ


聖剣「……」シーーーーン


勇者「ま、魔物とか野盗に遭遇しないのは別に俺のせいじゃないからなっ」

聖剣「……」

勇者「こんな安価だしたお前が悪いんだからな」

聖剣「……」

勇者「……」


勇者「…………………」ガタガタガタガタ

64以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:56:37.217ID:Y2OxG0Uh0
>>62

聖剣「ラブライブ板にクソつまんねえ安価スレ立ててたやつに似てるな」

勇者「は?いきなり何言ってるんだ?」

聖剣「すまない独り言だ、 >>56

と、脳内変換すればいいじゃないか

65以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 20:56:39.493ID:eA0EAPnF0
初っ端物騒な呪文唱えてやがるな

66以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:03:25.457ID:rdBCRO4Y0
勇者「嘘だろおい、こんな初っ端からつまづくって言うのかよ」

勇者「な、なにか別の安価を……」

聖剣「……」

勇者「一度出したものは取り下げないのか」

勇者「このままだと、また何かペナルティが……!?」

勇者「いや、落ち着こう。一度出したものを取り下げることは出来なくても、また追加で出したものを達成すれば1-1交換で帳消しにならないか?」

勇者「いや、なるだろ。多分」

勇者「追加安価をくれ」

聖剣「……」

勇者「……」

聖剣「……」

勇者「ああいや、別に一度目のやつを諦めたわけじゃないから。念のためのあれだから。一度目のやつも絶対達成するつもりで頑張るから。あくまでも追加だから」

聖剣「…………>>69

67以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:05:10.951ID:0YLC/f9R0
ksk

68以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:06:35.569ID:STPJIXPf0
……

69以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:06:46.804ID:STPJIXPf0
……

70以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:16:45.726ID:ll36dPyaa
更新も出来んくらい重かったのにどうやったら安価取れんのよ……

71以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:17:52.988ID:gyRBtFied
安価取るために重くしたんだろ

72以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:18:07.077ID:STPJIXPf0
重いから書き込みボタン二回おしたらとっちゃったのよ

73以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:18:08.695ID:BxAfxtjBd
確かに安価取りたいがくそ重たいな

74なんか重くね2018/11/02(金) 21:24:55.353ID:rdBCRO4Y0
聖剣「……………………」

勇者「駄目かぁーー!!駄目なのかよ!!」

勇者「こうなったら王都への回り道になってでも野盗やモンスターを探さなければ」

勇者「野盗、モンスター、野盗、モンスター……!!」ダダダダダッ!




一週間後

勇者「野盗……モンスター……」ハァハァ…

75以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:26:26.913ID:rdBCRO4Y0
勇者「やばい。一度王都が見えるところまで辿り着いたけど、王都近くの魔物とか騎士団に駆除され尽くしてたし」

勇者「王都近辺とか治安良すぎて野盗とか全然出ないし」

勇者「ついには王都西門にまで来たけど、まだ入るわけにはいかないから、結局一旦離れて南の方に向かって二日経ったけど未だ何とも出くわしてないし」

勇者「なんかもう水とか食料とか尽きそうだし」

勇者「……」

勇者「誰か……助けて……野盗……モンスター……」

76以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:28:14.128ID:rdBCRO4Y0
南の平原
商人の荷馬車


商人A「さて、次の取引は王都だったか」

商人B「しっかし、平和ですなあ。せっかく高い金を払って護衛さんを雇ったって言うのに特に何とも出くわさないときたもんだ」

商人A「ははっ。まあ平和なのは良いことじゃないですか」

商人B「北や東の方ともなるとモンスターやらが活発に動いてると聞いたが、西と南は平和そのものですな。こちらに来るのに護衛なんて不要だったかもしれませんねぇ」

77以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:37:38.158ID:rdBCRO4Y0
護衛の傭兵「……」

商人B「よう、傭兵さん。良い天気だな。こうも平和だとその立派な武器も泣いてるんじゃないかね」

傭兵「……」

商人A「Bさん、傭兵さんに当たるのはやめましょうや。出番がないとは言え、こっちのお願いを聞いてもらってついてきてもらってるんだ。失礼なこと言っちゃいけないよ」

商人B「ちっ、まあいいや」

護衛「……」

78以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:38:24.472ID:rdBCRO4Y0
商人B「さぁて、川もあるしこの辺りで休憩としましょうや」

傭兵「……商人、あまり気を抜くな」

商人A「ん?」

傭兵「この辺りは新興の盗賊団が現れたという。金を貰っているからにはこちらも尽くすが、護衛対象に気を抜かれすぎるとこちらも困る」

商人A「へぇ」

商人B「なに言ってんだか。俺はそんな話聞いたこともありませんぜ」

商人B「Aさん、こいつ、仕事が回ってこないからってとりあえずそれっぽいこと言ってるだけだから、あまり間に受けちゃいけませんよ」

商人A「はぁ」

傭兵「……」

79以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:44:44.245ID:I1kpLYM90
安価出すならまた重くなる前にさっさとやっちまえよ

80以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:45:11.689ID:rdBCRO4Y0
物陰

盗賊「お頭、商人らしき一団を発見しやした。荷馬車三つ。王都の方に向かってるんじゃないですかね」

お頭「護衛は?」

盗賊「さあ。特に目立った奴がいるわけでもねえし、いたとしても少数でしょう」

お頭「南の方の治安の良さに油断してるのか。この辺にアジトを作ったのは正解だったかもしれんな」

盗賊「おっと。一団、休憩に入ったようで」

お頭「荷を降ろして全員が出るまで待ってろ」

お頭「了解でさぁ」

81以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:51:42.872ID:rdBCRO4Y0
商人C「と、盗賊だぁーー!!」

商人A「なんだって!」

商人B「ひ、ひぃ! この辺りに出るなんて聞いてないぞ!」

商人A「さっき傭兵さんが言ってたじゃないですか!」

商人B「傭兵! 傭兵! くそっ、あのやろう肝心な時にぃ!」

盗賊「あん? 傭兵雇ってんのかよ」

商人B「ひっ」

盗賊「まあ留守みたいだしさっさと終わらせてズラかるとするか」シャキン

商人B「ひゃあーー!!」

82以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:54:29.200ID:rdBCRO4Y0
ズバッ!


盗賊「……がふっ」ドサッ


傭兵「だから言っただろうに」

商人A「傭兵さん!!」

商人B「傭兵! このやろ……! 出番だ! 高い金払ってんだからさっさとこいつらを追い払え! お前の仕事だろうが!」

傭兵「……」

83以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:55:40.892ID:jgrFKvCRa
ヨウヘイヘーイ

84以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 21:58:25.864ID:rdBCRO4Y0
ズバッ! ズバッ!

傭兵「……数が多いな」

盗賊「ちっ、あいつ鬼のように強いぜ!」

盗賊「一人で挑むな! 囲め!」

傭兵(一人ひとりは大したことはなくてもこの人数は厳しいな。私一人ならまだしも、休憩でこうも無防備に広がった荷馬車や商人たちを守り切るのは……)



??「おい!! あんたら!!」

傭兵「!」

商人AB「!!?」

85以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:01:21.467ID:I1kpLYM90
傭兵すき

86以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:03:17.534ID:rdBCRO4Y0
傭兵「新手か……?」

勇者「なあ、あんたら、野盗だよな? どう見ても野盗だよな!?」

商人A「な、なんだあの男は……」

商人B「ボロボロの身なりに、痩けた頬……剣で武装している……その上、あの血走った目……!」

商人C「きっとやばい奴に違いない」

勇者「お前らには聞いてねえ! 俺はそこのやばそうな奴らに聞いてるんだ。野盗だよな?」

盗賊「お前にやばい奴とか言われたくないんだが」

87以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:04:25.346ID:e/Pc/YQKM
勇者がんばえー

88以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:10:36.430ID:rdBCRO4Y0
傭兵「奴らは最近ここらを荒らしている盗賊団だ。商団の荷を狙い襲撃してきた」

勇者「盗賊団……?」

傭兵「ああ。そしてお前は何者だ?」

勇者「盗賊って野盗だよな。通行人を狙って追い剥ぎやら何やらしてくる奴らは野盗と呼んでいいはず。
盗賊に野盗は含まれないけど野盗に盗賊は含まれるわけだからつまりこいつらを倒せば安価である野盗や
モンスターを倒しながら実戦練習を達成できるはず。数は指定していないよな?だから一人でも倒せれば
俺は王都に入る権利を手に入れられるはずなんだよ。安価は「野盗やモンスターを」であって「野盗と
モンスターを」ではないのだからこいつらさえ倒せれば万事解決というわけだ」ブツブツブツブツ

傭兵「なんだこいつは……」

89以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:14:20.422ID:I1kpLYM90
狂ってやがる、遅すぎたんだ……

90以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:20:29.972ID:rdBCRO4Y0
盗賊A「一人で何をゴチャゴチャ言ってやがる、キモいんだよ、死ねぇ!」

勇者「うるさい!!!」ズバッ!

盗賊A「ぐわぁ!」


傭兵「!」


勇者「あ。ノルマ達成?」

盗賊B「こいつ、Aの剣をまっぷたつにしながら斬りやがった!」

91以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:20:52.719ID:rdBCRO4Y0
勇者「お前ら……」

勇者「ありがとう!!」

盗賊B「おんっ!!」ズバッ!


盗賊C「ひぃっ、こいつやべぇよ! 目とか頭とか!」


傭兵「……」サササッ

92以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:24:45.907ID:rdBCRO4Y0
お頭「何をちんたらやってやがる。護衛は一人じゃなかったのかよ」

盗賊「お頭……それが、その一人が相当腕の立つ奴でして」

お頭「それでも一人だろうが!」

盗賊「そ、その上、なんだか頭のおかしい奴が加勢に来たみたいでして」

お頭「はぁ?」

盗賊「おかしいのは頭だけじゃなくて、どうやら俺らの鉄の剣ごとまっぷたつに切り裂いてくるようで、どうにも手が付けられず……」

お頭「一人だか二人だかにいちいち手こずりやがって……もういい! 俺が出てやる!」

傭兵「その必要は無い」

お頭「!」

盗賊「ひっ、出た!!」

93以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:30:53.794ID:rdBCRO4Y0
盗賊「あ。でもこいつ、頭のおかしい奴じゃないですぜ。もともといた普通に強い奴でさぁ」

お頭「普通に強い、ねぇ」

傭兵「彼の目的が何かはわからないが、狙いはお前達のようだからな。彼が暴れている隙に頭を叩かせてもらおう」

お頭「けっ、普通に強い程度の奴が俺に勝てると思うのか?」

お頭「俺はこれでも昔は王都の騎士団に所属してたんだ。そんじょそこらの奴に負けはしねえよ」

傭兵「盗賊に堕ちた騎士崩れか。よほどの落ちこぼれだったのだな」

お頭「てめぇ……!」

傭兵「昔話はいい。手短に済ませよう」

お頭「っ! うおおおおおお!!」

94以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:31:17.126ID:rdBCRO4Y0
ズバッ


お頭「……バカな……」ドサッ


盗賊「お頭ぁ!!」


傭兵「お前も余所見している暇があるのか?」

盗賊「……あ?」

ズバッ

95以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:37:40.765ID:rdBCRO4Y0
その後

商人A「いやぁ、助かりました! ありがとうございます傭兵さん。あんたを雇って良かったですよ」

商人B「へっ、高い金払ってんだからこれくらい当然だろうぜ」

商人A「……お礼くらい素直に言いましょうよ」

傭兵「いや、その男の言う通りだ。仕事だからな。礼はいらない。報酬さえきっちり貰えればな」


商人A「それと、そこのあなたも」

勇者「いやなに、当然のことをしたまでです。むしろこっちがお礼を言いたいくらいで」

商人B(なんでスッキリしたような顔をしているんだ……)

商人A(まるで憑き物が落ちたかのようですね)

96以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:39:07.243ID:gyRBtFied
聖剣に呪われた勇者か

97以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:40:12.082ID:I1kpLYM90
そもそも初っ端から死の呪い呟く奴だぞ

98以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:44:04.472ID:rdBCRO4Y0
傭兵「……その剣」

勇者「ん?」

傭兵「……」

勇者「……な、なんだよ」

傭兵「いや。良い剣だと思ってな」

勇者「あ、ありがとう?」

傭兵「だが、技が拙い。盗賊どもの安物の剣だったから良かったものの、強者と戦うには使い手が幼すぎる」

勇者「……褒めるか貶すかどっちかにしろと言いたいけど、これは俺が貶されてるんだよな」

傭兵「ほう。怒らないのだな。戦士が技を貶されているというのに」

勇者「まあ、事実だからいいよ。これから強くなればいいんだし」

勇者「安価達成して気分がいいし」

傭兵(安価……?)

99以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:47:23.315ID:rdBCRO4Y0
商人A「少ないですけど、謝礼を支払わせていただきたく」

勇者「謝礼? あぁ、いいですよそんなの。何度も言うけどこっちがお礼を言いたいくらいなんだ。困った時はお互いさまってことで……」

グギュルルルルル

勇者「……」

商人A「……おなか、空きませんか?」

勇者「はい」

100以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:50:34.614ID:rdBCRO4Y0
商人A「ほう、勇者さんは王都へ向かっているのですな」

勇者「はい。一度王都の西門についたんですけど安価ができてないので王都に入れないくて南に行ったんです」ムシャムシャ

商人A(安価……?)

商人A「ええと、安価というのは通行証とかのことですかな?」

勇者「ああいえ、安価はもう達成したので王都に入れます。バッチリです」

商人A「???」

101以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:52:18.885ID:1WP2R2570
そんなことよりおうどんたべたい

102以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:55:41.634ID:rdBCRO4Y0
商人A「こほん。まあ問題が解決したのなら何よりですな」

商人A「ところで、これから王都へ向かうと言うのならば一緒にどうですか?」

勇者「一緒に?」

商人A「勇者さんの腕はこの目で確かめましたから。一緒にいてくだされば心強い」

商人B「おいおい、また穀潰しを増やすんですかい。一回来たんだからもう盗賊も出ないでしょうよ」

商人A「もう出ないという保証はないでしょう。勇者さん、どうです? もちろん、相場の報酬は支払います」

勇者「……うーん」


聖剣「>>105

103以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:56:56.129ID:inGGwaui0
商人Bを斬れ

104以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:57:36.978ID:VYfXiEdA0
一緒に着いてゆけ 但し魔物を1匹以上倒せ

105以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:58:52.895ID:I1kpLYM90
適当に荷物を一つ斬れ

106以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 22:58:56.044ID:9vOi1Ljrd

107以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:04:32.308ID:rdBCRO4Y0
聖剣「適当に荷物を一つ斬れ」

勇者「えっ」

聖剣「適当に荷物を一つ斬れ」

勇者「……おいおいおい」

商人A「どうされましたかな」

勇者「ああ、いえ、ええと」

勇者(何でよりによってこんなタイミングでこんな安価が出るんだよ)

勇者(何考えてんだこの聖剣)ダラダラダラダラ… 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)

108以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:07:04.625ID:rdBCRO4Y0
商人A「ゆ、勇者さん。なんだか酷い汗が……どこか体調でも悪いのですか」

勇者「いや、あの、はい。大丈夫です」ダラダラダラダラ…

商人A「もしや、先ほどの戦闘でどこか怪我を……!」

商人A「誰か! 傷薬と解毒薬を持って来てくれ! 大至急だ!」

勇者「あの、本当大丈夫ですから」ダラダラダラダラ

勇者(これからしようとすることを思うとこの純粋な心遣いが痛い)

109以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:07:05.203ID:kYAxkHAWa
目玉芸やめろww

110以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:10:38.217ID:eA0EAPnF0
これ実は魔剣なんじゃね?

111以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:12:18.309ID:rdBCRO4Y0
勇者「……」

勇者(……別に、どの荷物を切れとか指定はないよな?)

勇者(い、一番安そうなやつ……なんか小さめの……)

勇者(……あの荷馬車から見えてるちっこい箱のやつにしよう)

勇者(別に指定とかないもんな。ちょっと手元が狂ったとか、なんとか言い訳して。安いやつなら最悪弁償できるし)

112以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:12:44.992ID:rdBCRO4Y0
勇者「……」

商人A「勇者さん? 急に立ち上がってどこに……」

勇者「えいっ」スパッ

商人A「あ」

傭兵「!」



勇者「あ、あはは。なんかちょっと手元が狂っ……」


商人A「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

勇者「!!?」

113以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:14:33.812ID:rdBCRO4Y0
商人A「それはっ!! 王都の貴族との取引で使う品物!!」

勇者「えっ」

商人A「何やら偉く欲しがっていたものすごい貴重品!!」

商人A「それを手に入れるためなら金を惜しまないとすら言われたものすごい貴重品!!」

勇者「……」

114以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:20:19.071ID:rdBCRO4Y0
商人A「これで貴族との取引は台無しだぁ!! ウチの商団の信用も地に落ちる!!」

勇者「……あの」

商人A「これは私の首が飛ぶどころでは済まないかもしれない!!」

勇者「……」

商人A「ああああああああああああ!!!!」

115以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:20:56.747ID:rdBCRO4Y0
勇者「……ごめんなさ」ドンッ

勇者(……あれ?)

フラッ


傭兵「……」

勇者「傭……兵……!」

傭兵「これでも人を見る目はあったつもりなのだがね」

傭兵「君の狙いは最初からこれだったと言うことか」

勇者「……ぐぅ」ドサッ

傭兵「安心しろ。殺しはしない。ただ、王都の警備隊に引き渡し、罪相応の処罰を受けてもらうだけだ」

勇者「……」

勇者(意識が……)

116以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:21:19.885ID:I1kpLYM90
適当に斬らないから……

117以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:24:02.509ID:rdBCRO4Y0
王都、牢獄

ガシャァァン!!

警備「罰が決まるまでそこで大人しくしてろ」


勇者「……」

勇者「……」



勇者「……あれぇ?」

118以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:27:09.490ID:rdBCRO4Y0
勇者「俺、安価守ったよな」

勇者「なのに意識奪われて、いつの間にか王都に連れてかれて牢獄に入ってる」

勇者「これっておかしくないか?」

勇者「……」

勇者「おい、聖剣!」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「そう言えば牢に入れられるときに取り上げられてたわ」

119以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:28:41.084ID:VYfXiEdA0
こっから幸福が訪れるから…

120以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:29:55.890ID:I1kpLYM90
荷物に潜んだ盗賊の残党がウギャーみたいなの想像してたんだけど思ったよりピンチ……

121以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:32:02.393ID:9fwJQStM0
ドラクエ11のようにそこで仲間作れるんだろ

122以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:34:22.202ID:rdBCRO4Y0
勇者「……」

勇者「これ、もしかしてあれか」

勇者「俺は切る荷物の指定は無いものと思って切ったつもりだったけど、よく考えたら「適当な荷物」って指定が入ってたんだよな」

勇者「それなのに、俺は……。「一番被害が少なそうなやつを選んで」切ってしまった」

勇者「ああ……これは……俺の甘さが招いた結果だったって言うのか」

勇者「くそ、くそ、くそぉっ!!」ガシャン、ガシャン、ガシャン!

勇者「安価は絶対だと! そう誓ったはずなのに!!」ガシャン、ガシャン、ガシャァン!!



囚人A「おい、今入ってきた新入りちょっとやばくね?」

囚人B「ああ、やばい。なんか独り言ブツブツ呟きながら牢に頭を打ちつけてやがる。絶対やばい奴だ」

123以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:35:52.277ID:1qcomxt/a
勇者とは時に非情であらねばならぬ時があるのだ

124以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:42:54.386ID:rdBCRO4Y0
勇者(あぁ……頭の打ちつけすぎで、意識が……)フラッ


回想
長老『過ちは誰にでもある。大事なのはそれを次にどう活かすかじゃ』



勇者「……ハッ!」

勇者「……」

勇者「長老……そうだよな。失敗に拘るよりも、次に活かすかどうかだよな」

勇者「ありがとう、長老」

勇者「俺、絶望しないで、もうちょっと頑張ってみるよ」


囚人A「おいおい、頭打ちつけんのやめたと思ったら急にキラキラした目で立ち上がってきたぞ」

囚人B「やばいな。絶望やばいわあいつ」

125以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:45:44.342ID:rdBCRO4Y0
勇者「とにかく、この状況をどうにかしないとな」

勇者「商人さんの話だと、俺の処罰って結構重そうなんだよな……首が飛ぶとかなんとか言ってたし」

勇者「……」

勇者「……」

勇者「脱獄するか」

126以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:47:21.280ID:zJcNjhYu0
おもしろい

127以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/02(金) 23:50:49.866ID:rdBCRO4Y0
勇者「問題はどうやって脱獄するかだけど、安価……は出来ないな。聖剣無いし」

勇者「聖剣……そうだ聖剣だよ」

勇者「俺、聖剣に選ばれた勇者とか言われたけど、そもそも聖剣ないと何も出来ないじゃん」

勇者「傭兵にもそんな感じのこと言われたし」

勇者「……」

勇者「けど、そんな泣き言も言ってられないよな」

勇者「長老は、聖剣に選ばれた者は聖剣を肌身離さず持っておくようにと言ってたし、第一優先は聖剣を取り戻すことだな」

勇者「聖剣があれば脱獄だって問題ないはずだ。安価できるし」

勇者「聖剣の在り処をまずは調べないと」

128日跨ぎそうだしトリップ付けとく ◆XoiMTUEsXEGh 2018/11/02(金) 23:57:33.456ID:rdBCRO4Y0
勇者「なあ、あんたら」

囚人A「な、なんだよ」

勇者「? 何をそんなにビクビクしてるんだ」

囚人A「そりゃあお前……」

囚人B「おい、あんまり受け答えすんな。汚染されるぞ」

囚人A「お、おう」

勇者「汚染? どういうことだよ」

囚人A「……すまねえな。お前と話すことは何もない」

勇者「え、おい!」

囚人B「うっせえ! 喋りかけんな!」

勇者「俺が何をしたって言うんだよ……」

129 ◆XoiMTUEsXEGh 2018/11/03(土) 00:04:57.095ID:tZXhEQ1I0
勇者「取り上げられた荷物がどこに行くか、知っておきたかったんだけどな……」

勇者「こんな薄情な奴らだったとは思わなかったぞ」

勇者「……」

勇者「牢獄に入ってる時点で悪人だったなそう言えば」


看守「ほら、就寝時間だ! さっさと寝ろ囚人ども!」


勇者「……今日は一旦休むとするか」

勇者「……思えば、こうしてゆっくり眠るのも久しぶりな気がする」

勇者「ここしばらく、野盗やモンスターを追ってギリギリを攻め続けていたからな……」

勇者「今夜くらいは……よく眠れそうだ……布団、固いけど」

130以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:13:23.614ID:tZXhEQ1I0
勇者「……」パチッ

勇者「目が覚めた。朝か?」

勇者「……ああ、まだ夜か」

勇者「結構寝たと思ったんだがな……」

勇者「ん?」

カツ、カツ、カツ…

勇者(夜間の見回りか。寝たふりでもしておくか……)

131以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:13:28.819ID:fP8oo1Xta
ほし

132以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:14:22.359ID:tZXhEQ1I0
看守A「しかし、あの大臣様も相当だな。いくら囚人の物とは言え、勝手に自分の物にしてしまっていいのか?」

看守B「ダメに決まっているだろう。ただ、まあ良いってことになるんだろうな。あの人の権力なら。偉く気に入ったみたいだし、結構な値打ち物みたいだぞ、あの剣」

看守A「でも鞘から抜けないんだろう? そんな剣持ってて意味があるのか?」

看守B「ただのコレクションだろ。そもそもあの大臣じゃあ剣が抜けても使えねえよ」

看守A「まあ、これはどうあれ、あの囚人の刑も決まったようなもんかね。まだ若いのにかわいそうに」

カツ、カツ、カツ…


勇者(……)

133以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:25:46.853ID:tZXhEQ1I0
勇者「タイミング的に考えても、俺の聖剣のことだよな。今の話」

勇者「大臣が持ってるのか……厄介だな」

勇者「そして、俺の刑も決まったようなものだと」

勇者「これはいよいよ脱獄しなきゃならない訳だが、どうする……!」


ズキッ!

勇者「痛っ!」

勇者「……なんだこれ。額の傷……」

勇者「ああ、牢に頭を打ちつけた時のやつか」

勇者「よく見たら牢にも血がこびり付いてら。額からの出血って結構血が出るんだよな……」

勇者「……」

勇者「……これ、行けるか……?」

134以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:26:19.670ID:tZXhEQ1I0
ガシャン!!ガシャン!!ガシャァァン!!


看守A「!?」

看守B「なんだ、この音は!」

看守A「地下牢からだ……行くぞ!」

135以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:28:36.945ID:tZXhEQ1I0
囚人A「ひ、ひええ……!」

看守A「どうした! 何があった!」

囚人A「お、俺は知らねえ! 知らねえよお!」

看守B「落ち着いて話せ」

囚人B「そ、そこの牢のそいつが……」

看守A「そこの牢……?」

看守AB「なっ!!?」


勇者「…………」ドクドクドクドク…


看守A「血まみれ!?」

看守B「し、死んでる……?」

囚人A「そいつが、夜中に急に起き出して、頭を牢に……!」

囚人B「見てるこっちの気が狂いそうだったぜ……」

136以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:34:41.410ID:tZXhEQ1I0
看守A「と、とにかく。囚人とは言え勝手に死なれるわけにはいかん。お前、救護を呼んでこい」

看守B「あ、ああ……こんなケースは初めてだ」
タタタッ

看守A「くそっ、おい。大丈夫かっ! しっかりしろ!」ガチャガチャ

ギィ…

看守A「まだ生きてるかっ? 脈は……」

ガシッ!

看守A「……へ?」


勇者「捕まえた」ドロドロヌチャァ


看守A「ぎゃあああああああ!!!」

137以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:37:56.449ID:tZXhEQ1I0
看守A「あっ、あっ、」

ツルッ

ゴチーン!


勇者「あれ」

138以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:38:26.807ID:tZXhEQ1I0
勇者「床の血に足を滑らせて勝手に転んで気絶してくれたか」

勇者「……まあ、俺のこと本気で心配してくれてたみたいだし、悪い人じゃなさそうだったし、こっちから危害を加えるのも気が引けてたからこれでいいか」

勇者「いやぁ、よかったよかった」ドクドクドクドク


囚人A「いや、血ぃめっちゃ出てるじゃねえか。やっぱ怖いよお前」

139以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:57:11.486ID:tZXhEQ1I0
王城、中庭

姫「……」

姫「星が綺麗ね」

女騎士「姫、探しましたよ。こんなところにいましたか」

姫「あら、女騎士」

女騎士「もう夜も遅いです。早くお休みになってください」

姫「もう子供じゃないんだから、少しくらい起きていても良いじゃない」

女騎士「ダメですよ。大人でも、もう寝る時間ですからね」

姫「……けち」

140以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 00:58:36.293ID:tZXhEQ1I0
姫「……」

女騎士「……何か、あったのですか?」

姫「ううん、何も。……ただ……」

女騎士「ただ?」

姫「少し、胸騒ぎがするの。何だか、近いうちに良くないことが起こりそうな、そんな気がしてしまって……」

女騎士「……」

姫「……何でもないわ。今の言葉は忘れてちょうだい」

女騎士「……はい」

141以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:01:24.275ID:tZXhEQ1I0
姫「もう大丈夫。部屋に戻るわ」

女騎士「お供します」

姫「いいから。もう、子供じゃないんだからって言っているでしょう? 自分の部屋に戻るくらい、ひとりでできます」

女騎士「しかし……」


カンカンカンカン!!

脱獄者だぁーー!!


姫「!」

女騎士「!」

142以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:07:07.046ID:tZXhEQ1I0
女騎士「姫、今度こそ我儘はいけませんよ。早く部屋に戻りましょう」

姫「……ひとりで戻れるってば」

女騎士「しかし……」

姫「女騎士もお仕事があるでしょう? ほら、緊急事態みたいだし」

女騎士「ですが、だからこそ姫の傍を離れる訳には……」

姫「もうっ。こんなにうるさくては眠れないわ。わたしのことは良いから、早くこの問題を解決してくださいっ」

女騎士「……絶対に戻ってくださいね? 寄り道をせず、真っ直ぐに寝室にお戻りください」

姫「わかってるってば」

女騎士「では、失礼します」

タタタッ


姫「……」

143以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:16:14.305ID:kEvmm094a
もう当分安価は無いか

144以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:20:52.230ID:tZXhEQ1I0
警備「そこの物陰にいるぞぉーー!! 追えーー!!」

バタバタバタバタ

勇者「くそっ、また見つかったのかよ!」

勇者「村の中では駆けっこも隠れんぼも圧倒的に一番だった俺がこうまで簡単に見つかるなんてな」

勇者「くそっ、悔しいが、王都の騎士は優秀だな! これで国も安泰か!」ビチャビチャビチャビチャ



警備「脱獄犯は血を垂れ流しながら逃走している! なかなかの遣り手だが、見失った時は床の血痕を探せぇ!」

145以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:30:34.031ID:tZXhEQ1I0
勇者「はぁ、はぁ……地下牢から、随分と離れたみたいだけど、階段上りすぎたかこれ!」

勇者「大臣っつーから上の階にいるんだろうけど、このままだと見つける前に捕まっちまう!」

勇者「一旦外に逃げるか……!」

タタタッ

警備B「そこにいるぞぉーー!!」

勇者「!」

警備A「挟み撃ちだ!」

勇者「やばやばやば……!!」


勇者「ここは三階くらいかっ? こうなったら……」

勇者「窓から逃げる!!」

ガシャァァン!!


警備A「なっ!?」

146以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:31:44.326ID:tZXhEQ1I0
勇者「ああああああああ!! 高い高い高い!! けどこれくらいなら何とか生きる!」

勇者(一旦城の外に出て、また後日取り返しに行くしかないか!)


警備A「窓から逃げたぞ! 中庭への窓だ!」


勇者「えっ、中庭?」

勇者「……あ、これ外に逃げられないじゃん」


ヒューーーーーー……

147以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:54:16.879ID:tZXhEQ1I0
姫「……さて。そろそろ本当に戻ろうかしら。女騎士たちにもあまり心配をかけすぎても良くないものね」

ガシャァァン!!


姫「!?」

ヒューーーーーー……

ドチャッ!


姫「ひ、人が……!」

148以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:55:12.054ID:tZXhEQ1I0
姫「大丈夫ですか!?」

勇者「うーん……」

姫「血がこんなに……大変! すぐに医者を呼びましょう!」

勇者「ああ、大丈夫だよ。心配いらない。この血は元々流れてたもんだし、落ちたことでのケガは無いよ」ムクリ

姫「元々そんな怪我をしながら窓から飛び降りたのですかっ。そちらの方が問題なのではと思うのですが!」

勇者「いやまあ色々事情があったんだよ……」

149以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 01:55:58.386ID:tZXhEQ1I0
勇者「それより、そっちこそ怪我はないのか? ごめんな。下に人が居るなんて思わなくてつい窓から飛び降りちまった。ガラスで切ってたりしないか?」

姫「わたしは大丈夫ですけど……それより、下に人がいなかったとしても、つい窓から飛び降りてしまうというのはおかしいと思うのです」

勇者「他に方法がなかったんだから仕方ないだろ……」

姫「……? あの、ひとつ聞きたいのですが」

勇者「なんだよ。ちょっと今忙しいんだ」

姫「あなたは誰ですか? わたし、この城に居る者の顔は覚えているのですが、あなたに見覚えがありません」

勇者「あ」

150以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:01:41.362ID:/yBbfWiK0
こいつ全くレスついてないのに一人で書いてるの?
SSとは読者とのインタラクションの中で作っていくものであると考えている俺にとっては理解できないわ

151以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:02:45.114ID:sijagGiJ0
読んでるよ

152以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:04:21.075ID:yKhsfLGG0
読んでる

153早く安価出したいけど出せるところまで行けなくて俺も困ってる2018/11/03(土) 02:04:43.642ID:tZXhEQ1I0
勇者「……」

姫「……」

勇者「……け、」

姫「はい」

勇者「決して怪しい者ではないとだけ言っておこう」

姫「いえ、とっても怪しい人だと思います」

154以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:05:16.007ID:mrJ46u95d
安価全然ないけどなぜか読んでる

155以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:05:42.847ID:tZXhEQ1I0
勇者「ぐ。さっきも言ったけど、色々と事情があるんだよ……俺には、やらなきゃならないことが……」

勇者「ッ!」バッ!

姫「? 急にしゃがみ込んで、どうしたのですか?」

勇者「……!! ……!!」

姫「……」

156以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:05:58.434ID:p0NuQnWQ0
下手に毎回安価出すより安定するからな

157以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:09:46.381ID:syIYiy4W0
最後まで書ききってくれれば安価あってもなくてもええよ

158以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:10:43.287ID:Ly0QeUjmd
まだ続いてるのがなんか嬉しい

159以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:13:56.993ID:tZXhEQ1I0
中庭だー! 中庭に急げー!

姫「!」



バタバタバタバタ

警備「ひ、姫!? このような所で何を!?」

姫「……少し、星を見ていたの。すぐに部屋に戻るわ」

警備「は、はぁ……。あの、こちらで怪しい男を見かけませんでしたか?」

姫「怪しい男?」

警備「はい。顔から血を垂れ流しながら駆け回り、あの窓から飛び降りた気の狂った男なのですが」

警備「姫が中庭にいらっしゃったのなら、見かけていないかと」

姫「……」

姫「……」チラッ

勇者「……!!」ブンブンブン!!

姫「……そうね」

160以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:18:55.755ID:J7D+RBYg0
姫「だいたいね」

161以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:19:25.262ID:p0NuQnWQ0
リアルタイムで見たいけど流石に眠い

162以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:20:33.781ID:QWzNUj9Ua
おもしろい

163以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:23:39.493ID:tZXhEQ1I0
姫「見かけました」

勇者「……」

姫「その男なら、窓から飛び降りたあと、そちらの扉へ走って行きましたよ」

勇者「……!」

警備「は! ご協力ありがとうございます!」

警備「ところで姫、このような事態です。身の安全のため、部屋までお送りいたしましょう」

姫「わたしのことなら大丈夫です。もう子供じゃないのですから……あなたも女騎士のようにわたしを子供扱いするの?」

警備「い、いえ! そのようなことは決して!」

姫「それより、早くその不審人物を捕らえてください。こんなに騒ぎ続けられてしまうと、眠ることもできません」

警備「……はい。では、失礼しますっ!」

バタバタバタバタ

164以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:24:25.869ID:tZXhEQ1I0
姫「もう、行きましたよ」

勇者「……ええと。頼んだ俺がいうのも何だが、良かったのか? 俺、確かに怪しい人物だと思うんだけど」

姫「いいんです。みんなわたしのこと子供扱いするんだから。たまには仕返しだってしたくなります」

勇者「お、おう」

勇者(と言うかこの人、お姫様だったんだな)


姫「それに、あなたは確かに怪しい人ですけど、悪い人には見えませんので」

勇者「……ありがとう」

165以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:31:11.900ID:tZXhEQ1I0
勇者「……あ! そう言えば聞きたいんだけどさ。じゃなくて、聞きたいことがあるんですけども!」

姫「?」

勇者「えーと、大臣の部屋の場所って、わかるか?」

姫「大臣の部屋……?」

勇者「そう。そこに、俺の大事な物があるはずなんだよ。ちょっとしたゴタゴタで取り上げられちゃってさ……取り上げられちゃいまして」

姫「言い直すくらいならそのままの話し方でいいですよ。周りの目がある時はやめてほしいですけど」

勇者「……悪いな。敬語、出来ないわけじゃないんだが、今急いでてさ」

姫「それで、大臣の部屋ですか? 確かにわたしもあの大臣のことはあまり好きではないですけど、さすがにそこまで教えるのは……」

勇者「そっか。助けてもらった上に答えづらいことまで聞いちゃってごめんな。あとは自力で何とかしてみせるさ」

姫「……ちなみに、その大事な物とは?」

勇者「聖剣」

166以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:35:03.544ID:J7D+RBYg0
聖剣(意味深)

167以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:35:29.918ID:xdGS2d9rd
はよ取り返さないと安価が出来ないというね

168以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:38:37.163ID:siJqcl740
しえん(保守)

169以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:45:57.263ID:tZXhEQ1I0
大臣の部屋

大臣「まったく、騒がしい……地下牢からの脱獄者だと? 看守は一体なにをやっとるのだ」

大臣「これが終わったら責任者はクビ、看守も警備も全員減給だな」

大臣「脱獄者が場内を駆け回るわ手に入れる筈だった例の品は真っ二つの状態で届けられるわで散々だ」

大臣「特に、アレを斬ったとかいう小僧は絶対に許さん。死刑だ死刑」

大臣「……しかし、この剣を手に入れられたのは幸運だったな」

大臣「何でも、例の品を一振りで叩き斬ったとか」

大臣「あの小僧には勿体ない。わしが管理してやろう」

大臣「……しかし、鞘から抜けんな。何か強力な魔法が掛かっているんだろうが……」

大臣「まあいい。王宮の魔法使いに解析させればそのうち解除できるだろう」

170以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 02:47:55.308ID:J7D+RBYg0
執務室ではなく住んでいる部屋?
それとも徹夜?

171以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:03:06.905ID:tZXhEQ1I0
一瞬寝てた
コーヒー買いに行ってきます

172以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:05:09.338ID:p0NuQnWQ0
どこまでやる気なんだ……

173以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:06:42.294ID:sijagGiJ0
再開か
危うく寝るとこだった

174以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:08:30.081ID:p0NuQnWQ0
キツかったら後で立て直して続きからとかでもいいからキリのいいとこまでは頼むぞ

175以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:16:55.236ID:Cc0Nq2FDd
面白い

176以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:55:21.016ID:tZXhEQ1I0
……


勇者「……あれが大臣の部屋か」

勇者「姫があのとき警備を誘導したのが大臣の部屋側じゃなくて助かった。けど、ここから先はやっぱり偉い奴の部屋の周りだからか警備が厳しいな」

勇者「ここまでは割とすんなり来れたが、見つからずに部屋に侵入するのは難しそうだ……」


姫「どうしますか?」ヒョコッ


勇者「どうするって言ってもなあ」

177以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:55:56.400ID:tZXhEQ1I0
勇者「と言うか、こんな所まで一緒に来ちゃって本当に大丈夫なのか? 一応、お姫様だろ?」

姫「一応じゃなくても姫です。乗りかかった舟ですから」

勇者「……なんか楽しんでない?」

姫「…………」

勇者「楽しんでるんだ」

姫「……この国を思うがゆえの行動ですので」

勇者「はーん。立派だな」

姫「なんですかその言い方」

178以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:57:13.236ID:tZXhEQ1I0
姫「聖剣を守ること。そして聖剣に選ばれし勇者を守ることはこの国を守ることに繋がりますので」

勇者「俺の話を割とあっさり信じてくれてしまって、嬉しいやら心配やらで少し複雑だよ俺は。大丈夫かよお姫様」

姫「……このところ、胸騒ぎを覚えていたのは本当です。この国に災いが降りかかるような、漠然とした不安というか、なんというか……うまく言葉に出来ないのですけれど」

姫「そして、あなたと聖剣が目覚めたこと。それは、その災いを打破することに繋がると、わたしは感じました」

姫「わたしの勘はよく当たるんです」

勇者「姫……」

179以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:58:00.409ID:tZXhEQ1I0
姫「それはそうと、大臣の部屋への侵入作戦ですよね! わたし、良い案があるのですが!」

勇者(やっぱりちょっとワクワクしてるだろこの人)

勇者「何ですかね」

姫「わたし、姫ですから」

勇者「うん」

姫「本当はこんな時間にこんなところをうろついていてはダメなのです」

勇者「そうだろうな」

姫「だから、こう……囮作戦というやつです」

180以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:58:51.193ID:tZXhEQ1I0
警備A「はぁ……くそ。俺、今日非番だったのになあ」

警備B「俺もだよ。まったく、脱獄とか。看守は何をやってんだか。こりゃあ明日は大臣のいつものアレでクビだの減給だのが飛び交うぞ」

警備A「うへぇ。……はぁ。どうせ部屋の警備するんならこんな大臣じゃなくて姫様の所の方が良かったよ。そうすりゃやる気も出るんだがなあ」

警備B「おい、ここ部屋の前だぞ。聞こえっちまったらお前のクビも飛ぶっての」

警備A「どうせ聞こえねえよ。今ごろグースカ寝てるんじゃないかね」

警備AB「わはははは」



姫「誰かー」


警備AB「!!!!」

181以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 03:59:53.516ID:tZXhEQ1I0
警備A「ひ、姫の声だぞ!」

警備B「バカな。こんな時間のこんな所に姫がいるはずが……」


姫「きゃー。誰かー。助けてー」


警備A「……」

警備B「……」

警備AB「姫! 今行きます!!」

バタバタバタバタ


勇者「……お姫様ってすごい」

182以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:07:09.620ID:sijagGiJ0
再開か
寝落ちしたのかと思った

183以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:17:28.264ID:tZXhEQ1I0
バン!

大臣「!!」

大臣「誰だ!!」

勇者「大臣様。その剣を返してもらいに来ました」

大臣「貴様……! そうか、脱獄犯とは貴様のことだったか、小僧!」


大臣「と、と言うか、何だその顔は! 血塗れの格好で、わしを脅すつもりか! その程度の脅しで屈しはせんぞ!」

勇者「あ、いえ。これは止むにやまれぬ事情がありまして」

184以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:18:34.083ID:tZXhEQ1I0
大臣「衛兵! ここに来い! 脱獄犯を引っ捕らえろ!」

大臣「衛兵!!」


勇者「衛兵ならしばらくはここに来ませんよ。ちょっとどこかに行ってもらいました」

大臣「くっ……どいつもこいつも使えん奴ばかりよ……!!」

185以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:19:23.298ID:tZXhEQ1I0
大臣「しかし、元はと言えばわしの品を破壊した貴様が悪い。この剣が元は貴様の物であろうと関係なかろう。弁償代と考えても足らんわ!」

勇者「あ。あの荷って大臣の品物だったんですね」

勇者「……」

大臣「その上、脱獄し、王城を駆け回り、あまつさえわしの私室にまで侵入して来おって……貴様は死刑だ! もう絶対に許さん!」

勇者「……」


勇者(……あれ、これ何も言い返せないや。これ大臣の言うことが最もだわ)

186以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:20:23.603ID:tZXhEQ1I0
勇者「け、けれども! その聖剣はとても大事なもの。荷を斬ってしまったことは謝ります!」

勇者「ですからどうか、その聖剣は返してください!」

勇者「ついでに俺の死刑も取り消して!」


大臣「貴様、自分がどれだけ滅茶苦茶なことを言ってるのかわかってるのか?」

187以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:31:14.348ID:lvzKHark0
あれ?この聖剣不幸しか呼ばなくね?

188以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:31:22.945ID:tZXhEQ1I0
勇者(だ、大臣のご機嫌を取らなきゃ……何かないか。何かないか……何か……)キョロキョロ

勇者「!」


勇者「あ。これ、俺が斬った箱ですね」


大臣「!!!!」

189以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:34:18.799ID:tZXhEQ1I0
勇者「あー……よく見たらお札みたいなのいっぱい貼られてるんですね。結界か何かかな?」

勇者「俺が斬った後にも貼り直してある。そんなに保護しなきゃならない貴重な品だったのか」

大臣「……」

勇者「そんな高級品とは知らず本当にごめんなさい」

勇者「ちょっと、中身が何か確認してもいいですかね。弁償とか、代わりになるもの探したりとかしますんで!」

大臣「……待て」

190以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:34:57.089ID:tZXhEQ1I0
勇者「いいえ待ちません! 俺の罪滅ぼしのためです! せめて自分が何を壊したのかくらい確認させてください!」

大臣「待てと言っている! その箱に触れるな!」

勇者「いや本当ごめんなさい。マジで、許してもらうためにどうすればいいのかわからないんで! 謝るためにも見せてください!」

大臣「やめろ、開けるなァ!!」

勇者「許してください許してください許してください許してください」


カポッ


勇者「……へ?」

191ロジカル・ラグナロク2018/11/03(土) 04:40:01.465ID:eSxjq8G0K
>>176
病巣院クルリ風味の姫だな

192以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:40:24.355ID:tZXhEQ1I0
勇者「なんだこれ。……腕?」

勇者「何の腕だよこれ。なんか真っ黒だし。なんか人間の腕っぽい形をしてはいるけど、人の腕はこんなにデカくないし」

勇者「爪も長いっつーか、鋭いっつーか、毒々しいっつーか……」

勇者「え?」

腕「……」ワシャワシャワシャ


勇者「うわっ! 動いてるよこれ! 腕だけなのに!」

193以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 04:41:23.136ID:tZXhEQ1I0
勇者「聖剣で斬られた断面同士でくっつこうとしてるのか……? けど、くっつきたくてもくっつけないようにも見える」

勇者「……と言うかこれ」

勇者「俺も実物は見たことないけど、まさか……」


大臣「……貴様の死刑は取り消してやろう」

勇者「!」


大臣「死刑まで待ってはおれん。今すぐこの場で殺してやる」

194以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 05:27:22.219ID:tZXhEQ1I0
城内、廊下


警備A「姫ー! どこですか!」

警備B「おのれ脱獄犯め! まさか姫を攫い利用するとは!」

警備A「ぶっ殺してやる!」

バタバタバタバタ…


姫「……」

姫「い、行ったようですね」

195以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 05:29:07.101ID:tZXhEQ1I0
姫「警備さん。わたしのために本気で怒ってくれていましたね」

姫「なんだか悪いことをした気がしてきました……」

姫「……それにしても。警備さんから逃げ切るだなんて、なかなかやるじゃないですか、わたし」

姫「ちょっと自信が付いたかもしれません」

姫「もしかして……才能があるのかも」

姫「ふふっ」

女騎士「気は済みましたか、姫」

姫「ええ。とっても」

女騎士「……」

姫「……」


姫「……あ」

196以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 05:35:05.704ID:tZXhEQ1I0
女騎士「はぁ……。あれほど部屋に戻っていただくよう、約束しましたよね」

姫「……はい」

女騎士「私との約束は、守れないですか?」

姫「そ、そんなことありません」

女騎士「では何故、こんな時間まで城内をうろついているのです。警備の者をからかったりまでして」

姫「……ごめんなさい」

197以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 05:35:35.189ID:tZXhEQ1I0
女騎士「事態が事態です。城内を危険人物が駆け回っている中、姫が一人で出歩くなどと。状況がわかっているのですか?」

姫「ゆ、勇者様は危険人物などでは…………あっ」

女騎士「……」

姫「……」

女騎士「会ったのですね。その者に」

姫「……はい」

女騎士「詳しくお話を聞かせてください」

198以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:03:20.193ID:z4tg/aL00
起きたらまた見る ノシ

199以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:12:46.102ID:tZXhEQ1I0
大臣の部屋


大臣「……」ガチャ

勇者「大臣……そんな物騒な物構えてどうしたんですか。そもそも何で私室にボウガンなんか置いてあるんですかね」

大臣「護身用だ。……それを見られたからには生かしておけん」

勇者「……この腕、魔物の……と言うか、悪魔の腕ですよね」

勇者「俺も悪魔は伝聞や絵でしか見たことないし、詳しくなんかないですけど、何となくわかります」

大臣「ふん。わしが何を集めていようと貴様に関係なかろう」

バシュッ!

勇者「ッ!」バッ

ドスッ

ジュウウゥゥ…!

勇者「……なんで矢が刺さった程度で壁が溶けるんだよ……!」

大臣「この矢には劇毒スライムの身体を刻み、濃縮したものを塗り込んでおる。掠っただけでも命は無いと思え」

バシュッ!

勇者「くそッ! それ絶対違法なやつだろ!」バッ

200以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:14:48.746ID:tZXhEQ1I0
勇者「せめて何か武器があれば……」

バシュッ!

勇者「あぶなっ!!」ドスッ

大臣「貴様、その机を盾にしたな!? その机がいくらしたと思っている! それも貴様の命で払いきれる物ではないぞ!」

勇者「知るかよ!」

バシュッ、バシュッ、バシュッ

勇者「くそ、この机が溶けてグズグズになるのも時間の問題か……!」

勇者「大臣の腕がへっぽこだから今は何とか避けきれているけれど、それでもいつかは当たっちまう」

大臣「さっさと死ねぇ!」バシュッ、バシュッ!

勇者「それに、こうも連射されちゃあ近づけないぞ。近づいたとしても、あの毒矢を持って振り回されたりしたら、掠っただけでも死んでしまう」

201以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:15:57.271ID:tZXhEQ1I0
勇者「せめて、聖剣があれば安価で打開策を得られるかもしれないのに……!」

勇者「……」

勇者「ん?」


大臣「ああああああああ!!」バシュッ、バシュッ!



勇者「……あるじゃん、聖剣。大臣の手元に」

202こんな時間に安価出して、踏んでくれる人っているんだろうか2018/11/03(土) 06:17:39.541ID:tZXhEQ1I0
勇者「剣に直接触れていなくても安価は貰える」

勇者「台座の剣を引き抜く前にも聞こえたんだ。今ここで聞こえない道理はない……!」

勇者「聖剣よ、力を貸してくれ! 大臣を倒す方法を!」

聖剣「>>205

203以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:20:54.689ID:pXOMoDom0
気合と根性とガッツだ

204以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:23:00.638ID:k9wLGlr/d
びっくりするほどユートピア!!

205以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:27:28.914ID:RBe14clF0
魔物の腕を使え

206以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:27:30.726ID:lWtMAQQI0
全裸になってちんぽを振り回す

207以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:28:45.826ID:0FBNF7Pv0
なんで矢は溶けないんですかね

208以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:31:44.999ID:k9wLGlr/d
>>207
アルミが強酸で溶けずに弱酸でだけ溶ける的な

209>>207 それ相応の特殊な素材を使ってるとかそんな感じで2018/11/03(土) 06:45:15.184ID:tZXhEQ1I0
聖剣「魔物の腕を使え」


勇者「魔物の腕を……使う……!?」

勇者「使うって、どうやって!」

聖剣「……」

勇者「……自分で考えろってことか。相変わらず不親切な剣だよ」

210以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:46:20.346ID:tZXhEQ1I0
勇者「けど確かに、これを利用するのはアリだな……」

勇者「この爪とか普通に凶器みたいなもんだし。大臣はこれを大事そうに扱ってたから、もしかしたら盾にするだけで攻撃を遠慮してくれるかも……!」

勇者「よし、そうと決まれば!」

大臣「!、それに触るな! 何をするつもりだ!」

勇者「なに、ちょっと借りるだけだよ!」

ガシッ!

腕「……!」ビチビチッ、ビクンビクンッ!


勇者「うわ、動いたっ、キモッ!!」ブンッ!

ビュッ!

大臣「えっ」



グサッ!

勇者「あっ」

211以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:48:37.032ID:tZXhEQ1I0
大臣「ぐあああああ!?」

大臣「痛い! 痛いぞぉ!!」ジタバタジタバタ!

大臣「腹に! わしの腹に悪魔の右腕がぁ!!」ゴロゴロゴロゴロ!

勇者「……」


勇者「計算通りだ」

212以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:52:56.650ID:K1w+M7CNd
超大作だな

213以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:53:35.679ID:lvzKHark0
悪魔の腕とか触っただけで呪われそう

214以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:58:41.430ID:csgP/Ksla
普通に面白いから設定詰めてなろうとか送ったらいいと思う

215以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 06:59:40.125ID:tZXhEQ1I0
大臣「ぐああああああああ!!」

勇者「……えぇと。とりあえず聖剣は回収させてもらうけど」

大臣「ああああああああ!!」

勇者「……」

大臣「助けてくれえええええ!!」

勇者「……いくら悪い奴だからって、このままにしておく訳にも行かないよな」

216以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:00:20.925ID:tZXhEQ1I0
勇者「大臣、少しジッとしていてくれ。いま引き抜くから」

大臣「早く! 早くせんか!!」

勇者「大の大人がそんなに痛がるなよ。腹の脂肪が厚いんだから少しくらい我慢しろって」

勇者「よっと」

グイッ、グイッ!


勇者「……あれ?」

グググググッ…!


勇者「ぬ、抜けない……」

217以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:03:04.015ID:kJkcct+UM
かわいそうなのは抜けない

218以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:03:15.992ID:tZXhEQ1I0
腕「……」ズリュ…


勇者「抜けないどころか、これ……」

腕「……」ズリュズリュズリュッ!


勇者「こいつ、大臣の身体に入り込もうとしてやがる!」


ズリュズリュズリュズリュズリュズリュッ!!

219以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:05:21.325ID:tZXhEQ1I0
ズリュンッ!

勇者「か、完全に入り込んじまった」

勇者「……」

大臣「……」

勇者「……大臣?」

大臣「……」

勇者「おい、どうしたんだよ。さっきまで元気にのたうち回ってたってのに」

大臣「……」


大臣「……」

220以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:13:52.101ID:tZXhEQ1I0
ズズズズズズ……!!

カッ!!

大臣「……」バサッ!


勇者「立ち上がった……けど」


勇者「肌が黒く変色して、翼まで生えちまって。これじゃあまるで悪魔じゃねえか!」

221以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:22:38.053ID:tZXhEQ1I0
バン!

女騎士「大臣! ご無事ですか!」

勇者「!」


大臣悪魔「……」


女騎士「……これは……どういうことですか」

勇者「ええと、あんたは?」

姫「わたしのお付きの女騎士です」

勇者「姫!」

姫「しかしこれは……勇者様、いったいなにがあったのですか!?」

勇者「……」

222以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:23:38.442ID:tZXhEQ1I0
勇者「……これ、説明するの時間がかかりそうだし後にしてくれないか」

女騎士「いいから答えてください! この悪魔……大臣の面影があります! この方は大臣なのですか!?」

勇者「……うん。端的に言うと、そうなる」

女騎士「どうしてこのような姿に!」

勇者「だから、それを話せば長くなるんだって! こいつはそれを待ってくれるのか!?」

大臣悪魔「……」ズズズ…!

女騎士「ッ!」

223以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:33:52.297ID:6BnZ7xfYa
保守

224以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:51:21.152ID:tZXhEQ1I0
女騎士「姫! 退がってください! 私の後ろに。決して離れないように!」

姫「は、はいっ」

女騎士「あなたは……ああもうっ、後でちゃんと説明してもらいますからね!」

勇者「……来るぞ!!」

女騎士「わかっています!」

225以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:53:05.576ID:tZXhEQ1I0
大臣悪魔「グオオオオオオオオ!!」

ジャッ!

女騎士「くっ!」

ギィン! ズバッ!

大臣悪魔「グオオ……!」

シュウウゥゥ…

女騎士「斬った筈なのに……この再生力、本当に悪魔のような……!」

女騎士「けど、後ろには、行かせません!」

ガァン!

大臣悪魔「……!!」ズザァッ!

226以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 07:53:51.750ID:tZXhEQ1I0
女騎士「勇者さん!」

勇者「ああ!!」ブンッ!

スパッ


勇者「くそっ、浅いか!」


女騎士「なんですかそのへっぴり腰は! そんな振りで当たる訳がないじゃないですか! あなた、本当に姫が言っていた言い伝えの勇者なのですか!?」

勇者「うるさいなちくしょう! 俺だって気にしてるんだ! こっちはまだ修行中なんだよ!」

227以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:00:01.363ID:p2eQ/oM10
面白い

228以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:07:33.063ID:Adl6SDjg0
寝て起きてまだ更新してる安心感

229以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:11:33.067ID:6LlIgG5o0
見てるぞ

230以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:25:04.227ID:tZXhEQ1I0
大臣悪魔「グ……グオオオオ……!!」

勇者「……あれ? 意外と効いてる……?」

女騎士「えぇっ!?」

勇者「ああ、確か長老が言ってたな。この剣ってなんかすごい聖属性があるらしいぞ」

勇者「聖属性って悪魔に効くんだろ?」

女騎士「……その剣、私が使うことはできますか!?」

勇者「いや、どうだろ。なんか俺意外だと鞘から抜くことも出来ないみたいなんだけど。抜き身の状態で誰かに渡してどうなるかは試したことないし全然わからない」

女騎士「選ばれし者のみが使える聖剣……! くっ、もどかしいですね!」

勇者「俺を睨むんじゃないよ!」

231以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:25:32.141ID:tZXhEQ1I0
女騎士「とにかく、私は姫の傍を離れる訳にはいきません。最低限のサポートしか出来ないのであなたががんばってください」

勇者「頑張るっつっても……!」ブンッ!

スカッ

勇者「く、」

女騎士「ものすごく警戒されているじゃないですか。さっきのチャンスで仕留めていれば……!」

勇者「……あの。ちょっと本格的に傷つくので俺への口撃を少し緩めてほしいかな」

232以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:27:22.263ID:tZXhEQ1I0
勇者「このままじゃジリ貧だ……!」

勇者「聖剣、頼む! この悪魔を倒す方法を!」


聖剣「>>235

233以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:30:26.957ID:24MW0cA80
kskst

234以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:30:41.822ID:0tHcMXZe0
啜れ羊頭の奴隷、鎖せ峻拒の天蓋。
黒鷺、標、射干玉、普く王座の簒奪者。
九泉を巡りて錆色に染まりし顎門よ。
歓喜せよ。
狂乱せよ。
地上に蔓延りし幽けき定命の者共、我が慈悲により苦痛なき死を賜う。
滅びよーーーー【獄闢分命・道断躑躅】

235以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:31:25.562ID:3nVXOw3ra

236以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:52:36.148ID:p2eQ/oM10
wktk

237以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:56:02.361ID:tZXhEQ1I0
聖剣「啜れ羊頭の奴隷、鎖せ峻拒の天蓋。
黒鷺、標、射干玉、普く王座の簒奪者。
九泉を巡りて錆色に染まりし顎門よ。
歓喜せよ。
狂乱せよ。
地上に蔓延りし幽けき定命の者共、我が慈悲により苦痛なき死を賜う。
滅びよーーーー【獄闢分命・道断躑躅】」


勇者「……」


勇者「……!」


勇者「…………!!」



勇者(なにいってんだこいつ)

238 【13.3m】 2018/11/03(土) 08:58:07.137ID:2a4Sd/EqM
おっせええーーーーよ


頑張れ

239以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:58:17.000ID:tZXhEQ1I0
勇者「いやいや待て待て。諦めるな。思考を止めちゃダメだ。一旦整理しよう」

勇者「これパッと見、指示というより何かの詠唱か? つまりこの詠唱で発動する何らかの魔法があって、それをこいつに打ち込めば効くってことか!?」

勇者「思えば、これと似たような謎の呪文っぽいのを一度聞いてるんだよな、俺。確かアバダナンタラだったか」

勇者「あの呪文の意味も結局わからず仕舞いだったが、こう、魔力的な何かを込めて叫んでいたらあの時何かが発動していたのかもしれない」

勇者「これは何かのチャンスの筈だ! ぶっつけ本番だけど、やるしかねえ!」

240以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:58:57.875ID:tZXhEQ1I0
勇者「ええと、確か……!」

勇者「––––啜れ羊頭の」

大臣悪魔「グオオ!!」

ジャッ!

勇者「あぶなっ!」

ギィン!

241以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 08:59:20.068ID:tZXhEQ1I0
勇者「くそ、もう一度……! ––––啜れ羊頭の鎖す」

大臣悪魔「グオオ!!」

ジャッ!

勇者「邪魔すんなって!」

ガァン!

242以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:01:43.071ID:tZXhEQ1I0
勇者「もう一度だ!」


勇者「––––羊頭啜る鎖せ……」

勇者「……」

勇者「……あれ、啜る羊頭がだったっけ」


勇者「––––啜る羊頭が啜れ鎖し……」

勇者「……」

勇者「……ええと」

勇者「……なんとかの天蓋が……」

勇者「……」



勇者「……やべ、何言ってたか忘れたわ」

243以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:04:37.125ID:tZXhEQ1I0
勇者「もっかい!! もっかい言ってくれ!! 次こそちゃんと覚えるから!!」

聖剣「……」

勇者「……」

聖剣「……」

大臣悪魔「グオオ!!」

ドガァ!


勇者「ぐわー!!」


女騎士「ひとりでブツブツ何言ってるんですかさっきから!?」

244以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:14:12.942ID:tZXhEQ1I0
女騎士「真面目に戦ってください!」

勇者「真面目にやってるよ! でも安価が!!」

女騎士「それならまださっきのへっぴり腰剣術の方がまだマシです!」

勇者「だって安価が!!」

女騎士「前を向いて、剣を振ってください!」

勇者「けど安価は守らなきゃ!!」

女騎士「安価安価って、さっきから何なんです!?」

245以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:19:44.210ID:tZXhEQ1I0
大臣悪魔「グオオオオオオオオ!!!」

ガシャァァァン!!

女騎士「ああっ、悪魔が窓を突き破って外に!」

勇者「くそっ、俺が安価を守れなかったばっかりに!」

女騎士「もういいですから、それ!」

女騎士「それより、あんなものがこの部屋の外へ……王都はパニックになりますよ!」

勇者「ごめんなさい!!」

女騎士「本当ですよ!!」

246以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:29:04.976ID:O8wbXrP1F
はよ

247以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:41:01.621ID:tZXhEQ1I0
大臣悪魔「グオオオオオオオオ!!」

ドッカンバッガンバキバキグシャア!!

姫「ああ、お城が壊されていく……」

勇者「な、なんとかしなきゃ……そうだ、また安価で!」

女騎士「それ一旦やめてください!」

勇者「何でだよ!」

女騎士「見てわからないんですか!?」

248以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:41:44.803ID:tZXhEQ1I0
大臣悪魔「グオオッ!?」

バチバチバチバチバチ!!


勇者「な、なんだ……!? あの悪魔、空中で何かにぶつかったように……捕らえられているのか?」

女騎士「あれは……! そう、あなたが脱獄してから張られた、城の周囲の結界です!」

女騎士「まさかこんな形で使えることになるなんて」

勇者「俺の脱獄のおかげか」

女騎士「……」

勇者「……いや、ごめん。今のは俺が悪かった」

249以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:42:30.056ID:tZXhEQ1I0
女騎士「悪魔、墜落します!」

勇者「倒したのか!?」

女騎士「いいえ、あの結界はあくまでも身動きを封じるためのもの。攻撃的な性能はそれほどありません……」

勇者「……なら、とどめを刺しに行かないとな」

ガッ

女騎士「えっ?」

250以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:43:09.162ID:tZXhEQ1I0
姫「ゆ、勇者さま? 窓枠などに足を掛けて、どうするおつもりですかっ」

勇者「……自分の尻は自分で拭うよ。あいつは、俺が始末する」

女騎士「ちょっと! そんな所から飛び出したら……! ここ、何階だと思っているんですか!?」

勇者「大丈夫だ。……なんか、この聖剣を引き抜いてからちょっとばかり身体が頑丈になった気がする」

勇者「これくらいなら、平気だと思うんだ」

ググッ…


勇者「あの位置で結界に掛かってくれてよかった。もうちょい遠かったら、届かなかったかもな」

勇者「……行くぞっ!」

ダッ

251以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:48:04.343ID:tZXhEQ1I0
大臣悪魔「グオオオオオオオオ……!!」

ヒューーーーーーーー……


勇者「うおおおおおお!!」バッ!

大臣悪魔「!?」


勇者「悪いな、大臣さん。俺も本当は、あんたをどうにかしてやりたかった」

勇者「……俺の、力不足だ」



ドシュッ!

252以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:53:22.108ID:tZXhEQ1I0
さすがにお腹空いたのでごはん食べてきます…

253以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:55:07.236ID:O8wbXrP1F
だめだ

254以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 09:58:11.185ID:6bKAg5D8d
うぴ

255以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 10:04:57.861ID:Adl6SDjg0
よくやるよ

256以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 10:05:43.722ID:uceSaWXR0
結構面白いじゃねーの

257以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 10:17:05.905ID:9A9MAwcH0
もう食い終わった頃かな

258以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 10:34:40.929ID:/QLrDqCOr
ほとんど安価しないのに面白い安価スレとか奇跡では

259以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 11:11:54.165ID:YttTMDVpa
ほあっ

260以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 11:12:48.692ID:dI1FFdtv0

261以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 11:45:11.535ID:6bKAg5D8d
寝たか

262以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 11:51:24.806ID:UPoQHjzWd
前に女戦士の話があったな

263以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:03:15.212ID:Be/YMO3Ua
ほあっ

264以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:07:36.421ID:MdrgI41T0
ご飯長すぎだろもう2時間食ってるぞ

265以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:12:01.979ID:XyqpjSTdd
4円

266以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:14:22.756ID:24MW0cA80
満漢全席を食しておられるのだよ

267以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:16:57.643ID:p0NuQnWQ0
良かったまだあった

268以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:27:08.960ID:PUYzBJ+td
保守

269以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:33:52.871ID:9g5cy5+WM
久々の読ませてくれる安価SSだわ
ほぼ安価してないけど
まともな安価が続かないVIPではこの形が正解なのかも

270以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:41:45.446ID:3lMvqqMFF
落とさせないぞ

271以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 12:44:24.756ID:N4KhhF8I0
女騎士の人?

272以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 13:05:20.994ID:J2hLI394a

273以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 13:15:12.079ID:p0NuQnWQ0
逃がさんぞ

274以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 13:41:13.120ID:J2hLI394a

275以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 13:41:24.161ID:9A9MAwcH0

276以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 14:00:34.847ID:jXmEznICa
>>271
馬刺しと焼き鳥が出てくるやつ?

277以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 14:03:31.370ID:p2eQ/oM10
馬刺し懐かしい

278以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/03(土) 14:20:31.232ID:qKZ1LWcd0
C


lud20181103143031このスレへの固定リンク: http://5chb.net/r/news4vip/1541155315/
ヒント:5chスレのurlに http://xxxx.5chb.net/xxxx のようにbを入れるだけでここでスレ保存、閲覧できます。

TOPへ TOPへ  

このエントリをはてなブックマークに追加現在登録者数177 ブックマークへ


全掲示板一覧 この掲示板へ 人気スレ | >50 >100 >200 >300 >500 >1000枚 新着画像

 ↓「勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「>>4」 ->画像>4枚 」を見た人も見ています:
勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
(´・ω・`)なるほど、ではVIP歴17年の最長老であるわしがなんJと調停を担おうではないか
【政界の長老】亀井静香氏「安倍も麻生も甘利も3人とも経済を分かってない。それが今や日本を仕切ってるんだから、日本もアカンわ。」 [ボラえもん★]
【リアル映画版羅生門】侮辱? 抗議? 誤解? トランプ帽の白人高校生と米先住民長老に何が 人によって主張が異なる
ニー族の長老から伝言をもらってきたよ [無断転載禁止]
岸田氏「私は理解できない」 “長老政治”擁護の声に反論 [ひよこ★]
界王様「フリーザ一味に殺されたものを生き返らせるんじゃ!おそらく短時間だけ最長老が復活してポルンガも蘇る!」←これ
勇者になれなかった俺「さっさとその聖剣を持って行けよ、主人公。俺には……それはもう必要ない」←どう返す?
【医学部受験】万年戦死ニートマン42才を観察するスレ【最長老】
長老24人
エペソスの審問〜24人の長老
【悲報】長老2人が若作り・・・
【宿直の長老は】柴田英里4【遅漏で候】
トルコ長老と奉仕の僕の会合スッドレ★2
クリリンが地球人最強なのは最長老ドーピングのおかげ
【カルヴァン】キリスト教改革派スレ・継【長老派】
ババアの衛藤とかりんが卒業したんだから最長老の新内も卒業しろ
【トランプ帽で差別された!】先住民長老と対峙した高校生、米紙を相手取り訴訟
/ 【タイトル】【受サロ長老】ニートマン連呼おじさん総合【統合失調症】part2
【中国改革派長老】党大会に出席せず=習氏個人崇拝に不満か−香港紙[10/16]
【自民長老】安倍氏への引導、首相経験者軍団が官邸乗り込み退陣勧告検討
【カルヴァン】キリスト教改革派スレ・2【長老派】
女騎士「くっ…殺せ!!」オーク長老「ここに3匹のオークがおるじゃろ」
【泉宏】金メダル報道一色のカゲで、安倍政権に暗雲 自民長老「首相の3選にも黄信号が点滅し始める」
【韓日関係改善】「安倍政権の路線転換が不可欠」 韓国各界の長老ら声明[10/10] ★2
長老OBたちが原監督を血祭りに!巨人OB会は大荒れの予感、広岡氏ら長老OBのダメ出しは永久に不滅です
狼の長老さゆみんと氏、真夏のロッキンに参加し、急いで帰宅のお知らせ
【聯合ニュース】韓国軍と自衛隊の長老が東京で懇談会 「摩擦の早期解消へ努力」[2/20]
【韓国】 「3.1運動をユネスコ世界記録遺産に登録しよう」〜キム・ヨンジン長老(反省しるおじさん)[08/18]
【韓日関係改善】「安倍政権の路線転換が不可欠」 韓国各界の長老ら声明[10/10] ★4
【日韓】韓国軍と自衛隊の長老が東京で懇談会 「摩擦の早期解消へ努力」 空自元幕僚長主催・懇談会
【米国】伝説の米下院議員がセクハラ疑惑で辞職、「レガシーと名声守る」息子を後継指名 米議会最長老の野党・民主党重鎮コンヤーズ氏
デュエル・マスターズ!! 第47話「新たな相棒を探せ! 自然文明の大長老、登ジョー!」
【韓日関係改善】「安倍政権の路線転換が不可欠」 韓国各界の長老ら声明[10/10]
【韓日関係改善】「安倍政権の路線転換が不可欠」 韓国各界の長老ら声明[10/10] ★3
狼王するーするんが狼の長老さゆみんと氏にブチギレwww「仕事してるように見せかけなくていいから早くスレ立てろ」
元制服組トップなど韓国軍長老が訪日へ 元防衛相や元自衛隊幕僚長らと会談 ネット「来るな!」「いい加減に性善説の対応は止めろ」
狼に常駐してる小田ヲタのオッサンが、推定年齢50歳の最長老アルファーだったけんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
雑談独り言 あきひろは最長老
トルコ長老と奉仕の僕の会合スッドレ★6
エホバの証人の長老と奉仕の僕の主張 その21
トルコ長老と奉仕の僕の会合スッドレ★7
アラフェスさん、長老に就職ですよ〜終末編
[email protected]相思相愛スモッグトン ◆88v.Sh1urw
大アヤトラ・・・シスタニ師総合スレ・・・長老
長老←優しそう 家老←有能そう 元老院←悪そう
【悲報】高齢化のイコラブさん 最長老のメンバーが25歳に
【巻き】 ちょろぎ・チョロギ・長老喜 【う○こ】
保身に走る自民「長老」3派閥 総裁選勝ち馬見極めに右往左往 [ひよこ★]
【悲報】岩手県、PCR検査を受けるには長老会議の合意が必要だった
一回り以上年下の新参コテ飛燕に泣かされた長老コテドムドムを慰めてあげるスレッドwww
【キリスト教】アメリカ長老教会、同性愛者への按手禁止する教会憲法改正案を可決 今後各中会が審議へ [少考さん★]
【速報】アメリカ終わる 米最高裁最長老ギンズバーグ判事(87)が死去し保守派が多数派へ
【検察庁法改正案見送り】「重要法案で始めての挫折」 世論の大反発、支持率低下に政権が耐えきれず 自民長老「惨めな帰結」★2 [ramune★]
【国際政治学者】舛添要一氏「候補者よりも長老に関心が集まる変な総裁選」ツイッターで自民党総裁選に反応 [爆笑ゴリラ★]
【芸能】木村拓哉、愛犬が天に召されたことを報告「我が家の長老”バブ様”が天国に行きました…」 [爆笑ゴリラ★]
【ニッポン放送】長老たちが習近平をつるし上げた……中国の“みんな敵に回す”外交姿勢に批判 [8/18] [昆虫図鑑★]
無能勇者「その杖売ってくれ!」なろう主人公「金1200でいいよ」無能勇者「金5000は下らない貴重な剣なんだぞwwwwww」
王様「勇者>>5よ、この剣を使い魔王を打ち倒すのだ」
王様「じゃあ逆に聞くけどお前に何渡せば大人しく魔王倒してくれるわけ?」 勇者「>>3っすね」
王様「世界に異変が起きておる、>>5をやるから調査を頼む」勇者「ほう」
敵国将軍「我々の軍勢50000に対し敵はたった1人だ、潰せェ!!!」なろう勇者俺「うおおおおおおおおおおお!!!!」(聖剣を抜く)
04:44:54 up 40 days, 19:55, 2 users, load average: 17.20, 16.55, 17.58

in 7.6769449710846 sec @[email protected] on 070617